賃貸管理が苦手なら専門業者に依頼するのが鉄則

入居募集の間口を広げる

女の人

賃貸経営に深く関わっている家賃債務保証会社とは、簡単に言えば家賃の未納や滞納が発生したときに大家に代わって家賃を回収してくれる業務を行う会社のことです。この会社に手数料を支払うことで、入居者から大家に支払われる家賃に未納や滞納があったとしても、満額の家賃を家賃債務保証会社から受け取ることができます。なので、大家は入居者の経済状況に振り回されることなく安定した家賃収入を得ることができるようになります。また、家賃が支払われないことで発生する入居者とのトラブルも家賃債務保証会社が対応してくれるので、大家にとっては心強いビジネスパートナーのような存在です。そして、今まで連帯保証人を立てることができない人との契約でも、家賃債務保証会社を間に入れることで安心して契約することができるようになります。よって、入居者の間口を広げることができ、入居率アップへとつながります。

家賃債務保証会社の魅力はやはり、入居者側からのニーズの高さにもあります。日本では外国人が部屋を借りるのは非常に難しく、なかなか借りることができない現状があります。また、高齢者の単身世帯の増加や親族に連帯保証人を頼むことが難しい人も増加しているので、時代のニーズにピッタリなサービスでもあります。連帯保証人をつけることができないからと、入居を断っていると空室問題に悩まされる原因を作っているようなものです。なので、家賃債務保証会社を活用し入居しやすくすれば、空室も減り家賃も保証される一挙両得の側面もあります。悩める入居者にもメリットがあり、大家にもメリットのある家賃債務保証はこれからもどんどん浸透していき、多くの物件で取り入れられるでしょう。